小型カメラの脅威

普段、自分が盗撮されている、などと考える人は少ないでしょう。
これは、盗撮するためにはカメラが必要である以上、私たちの視界にカメラを見つけない限り盗撮されているわけがない、という思考回路が働くからです。
しかし、油断してはいけません。現在、技術の発展に伴い、盗撮に用いるカメラの大きさは
私たちがすぐには気づけないほどの大きさになっています。
最も注意すべきなのはコンセントのプラグ穴です。
外からではわからないようなところにも隠せるような小型カメラが存在するからです。
タンスや、ベッドなんかは、結構狙われたりするらしいですよ。
ぜひ一度、専門家のチェックを受け、絶対に盗撮の危険性がない、
安心できる部屋で生活することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です